おかげさまで創業48年

お知らせ

ひだかやからのNEWS

小水力発電の詳細区分「マイクロ水力発電」

我々が「小水力発電」と呼んでいるものは、最大出力が1000kW未満のものです。 発電出力が1kWでも1000kWも小水力発電だとするとあまりにも大雑把な区分になるということで、さらに細かく区分し...

家庭用蓄電池の人気はどれ?/令和の時代はこれ

■蓄電池選びの6つのポイント 家庭用蓄電池は、さまざまなメーカーがあります。検討する際には、ポイントを抑える必要があります。売電量や消費電力量、ライフスタイルに合わせて選びましょう。 ■令...

4/27 蓄電池設置工事(倉敷市)

  こんにちは。   今回は倉敷市で行った蓄電池の現場を紹介します。   まずは交換したパワーコンディショナーの写真です⇩  ...

小水力発電設備を導入するときに押さえておきたいポイント

今回は小水力発電設備を導入する際にぜひ押さえておきたいポイントをご紹介します。 小水力に適した地域かどうかを見極める 平野が広がる市街地と山間地域では水力発電システムのポテンシャル(水...

4/22 蓄電池設置工事(倉敷)

  こんにちは。   今回は倉敷市での蓄電池の工事写真を載せていきます。   まずはパワーコンディショナーの写真です!!  ...

家庭用蓄電池の普及予測は今後急増/自給自足の時代

■家庭用蓄電池の今後の普及予測 日本能率協会研究所が提供するリサーチプラットホームが、日本国内の家庭用蓄電池市場は2020年度に1000億円、2023年度に1200億円に達すると市場予測しました。(...

4/13 蓄電池設置工事(倉敷)

  こんにちは。   今回は倉敷市で行った現場の写真を載せていきます!!   最初にパワーコンディショナーの写真です⇩ &nb...

4/9 蓄電池設置工事(倉敷市)

  こんにちは。   久しぶりに蓄電池の工事写真を載せていきます。 今回は倉敷の現場です!!   まずはパワーコンディショナーの写真に...

小水力を地域づくりに活かす自治体の紹介(愛知、富山、長野)

今回は、特に小水力発電設置事例の多い3県の紹介をしていきます。 【愛知県】 愛知県では農業用水を利用した小水力発電について、産学官と土地改良関係団体と協働連携して県内全域へ普及し、農村資源...

家庭用蓄電池の元を取るコツ/太陽光発電の活用方法

結論から言いますと、太陽光発電は元が取れますので得です。 太陽光発電の元が取れる条件は、初期費用が売電収入と削減した電気代によって償却できた時点のことを指します。   では...