おかげさまで創業45年

オール電化住宅

熱源に電気のみを使用するオール電化住宅。更に相性ぴったりの太陽光発電の組合せで大幅な光熱費削減が実現できます。

オール電化住宅

熱源に電気のみを使用するオール電化住宅。
エコキュートとIHクッキングヒーター、更に相性ぴったりの太陽光発電の組合せで大幅な光熱費削減が実現できます。

電化住宅の仕組み

オール電化住宅とは、全ての熱源を電気でまかなう住宅です。電気床暖房、エコキュート、浴室乾燥機、IHクッキングヒーターなど電化住宅で快適に利用できるアイテムも数多く販売されています。

従来のガス・灯油を熱源に利用した場合に比べ、クリーンで、かつ、オール電化にあった電灯契約を選ぶことで、光熱費の削減につながります。現在では給湯にエコキュート(ヒートポンプ式蓄熱給湯器)、調理にはIHクッキングヒーターが主に選ばれています。

電化住宅のメリット

  • とにかくお得!オール電化向きの電気料金プランがあります。またタイマー利用で割安な夜間電力で貯湯するなど賢く利用することが出来ます。
  • 火を使わないので安心直接の火を使わなくなるのでお年寄りやお子様のいる家庭でも安全。安心して使えます。
  • とてもクリーン!燃焼機を使わないので温室効果ガスであるCO2が発生しにくく、地球にもやさしいんです!
  • 電化割引で更にお得電力会社によってはオール電化住宅割引制度があります。ガス不使用なので基本料金分も安くなります。
  • ズバリ快適!電化設備は騒音もなく快適!また水蒸気を発生しにくいので結露などによる家の傷みも少なくなるのです。
  • 停電でも安心?停電時、IHクッキングヒーターは使えませんが、電気温水機等は貯湯菅に貯湯されていますので非常時はこれも利用できます。
  • 基本的に簡単!基本的にエコキュートはメンテナンスフリーですし、IHは使用後のお手入れもさっとひと吹きのフルフラットトップ採用で快適です
  • これからのスタンダード高気密・高断熱住宅、太陽光発電、換気システム…これらと相性抜群の電化住宅は今後益々普及するでしょう。

中国電力のアンケート調査によると、電化住宅にすると、光熱費が高くなると思う人と安くなると思う人の比率は半々という結果が出ました。高くなると思う人の理由を聞いてみると「電気をたくさん使うから」が約7割と圧倒的に高い比率を占めています。しかし実際電化住宅に住んでいる方は、光熱費が下がったことに満足しているのです。
そのギャップのヒミツは「電気料金メニュー」にあります。表面的に見れば、たくさん電気を使うので光熱費も格段に上がりそうですが、お得な電気料金メニューの採用により、トータルのエネルギーコストは下がるというわけです。 電化住宅を知る上で欠かせない電気料金メニューについてはしっかり勉強しておきましょう。

オール電化住宅のアイテム

ひだかや取扱いのオール電化製品は、給湯にエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機)とIHクッキングヒーターです。詳しくは各製品のページをご覧下さい。

エコキュートについて IHクッキングヒーターについて

電灯契約(電気料金メニュー)

ここで紹介しているのは中国電力管内の電気料金メニューです。
太陽光発電に最適なのはファミリータイム契約でしょうか。
詳しくは中国電力のホームページ、またはお住まいの地域の電力会社にお尋ね下さい。

電化住宅+太陽光発電に適した電気メニュー。

毎月もらう電気料金明細。太陽光発電を設置すると売った電気(売電)用と買った電気(買電)の2枚が届くようになります。

ライフサイクルにあわせて選べる電気料金メニュー。

従量電灯A

ご家庭のお客様にもっとも広くご契約いただいているメニューです。
【従量電灯B】
同時に使用される電気設備の容量が6kVA以上の場合は従量電灯Bのご契約となります。

従量電灯A+深夜電力B

夜11時から翌朝8時までの夜間時間の電気を利用する電気温水器などの夜間蓄熱式機器は、割安な料金となっています。夜間蓄熱式機器以外の使用量は、従量電灯Aと同じ料金です。
※同時に使用される電気設備の容量が6kVA以上の場合は従量電灯Bのご契約となります。

エコノミーナイト「時間帯別電灯」

従量電灯に比べ、昼間は約10%割高で、夜間は約70%割安な料金となっています。タイマーなどを活用して夜間の使用割合を高めて頂く程、お得になるメニューです。
※電気温水器のご使用がなくてもお選びいただけます。

ファミリータイム

■1kVA以上の夜間蓄熱式機器(電気温水器等)をご使用のお客様にお選びいただけます。
■プラン別に比較しますと、Ⅰの基本料金は割高に、電力量料金は割安になっていますので、電気をたくさんご使用のお客様にお勧め。
※電化住宅でなくても選べます。
※電気料金単価は管内の電力会社によって異なります。

新しい電力メニューが設定されています。詳しくは中国電力のホームページを御覧ください。