おかげさまで創業48年

家庭用蓄電池の評判の良い業者の見分け方/口コミ紹介

■蓄電池導入者の口コミ評判

蓄電池を実際に導入された方々の口コミ評判を、必要性タイミングメーカーの選択について3方向からご紹介していきます。

 

・蓄電池に関する口コミ評判を様々な角度から紹介

家庭用蓄電池は歴史も浅く、今の段階で手を出すことに戸惑いを感じる方が多い事でしょう。決して安くない商品ですので、心配事もあると思います。

 

しかし、そうした事を心配しているだけでは、いつまでたっても時期尚早ということになってしまいます。それこそ太陽光発電システムを早くから導入されている方ほど、売電や補助金での恩恵が大きかった事実もあり、これは蓄電池も同じです。平成26年度までは国から補助金があり実質金額は今より安かったです。なので、今から検討される方は思い立ったら、速やかに導入へ向けて動き出した方が良いでしょう。

 

そうした状況で、皆様の背中を押してくれるのは、既に蓄電池を導入されている方の口コミ評判でしょう。そこで、蓄電池の「必要性」「タイミング」「メーカーについて」という3方向から導入者の声を紹介したいと思いますので、是非参考にしてみてください。

 

【口コミ評判】

【一部抜粋】

 

■蓄電池の必要性について

・蓄電池利用者による口コミ評判【必要性編】

蓄電池は、もともと災害などでの停電時に非常用電源として利用できますが、それ以上に注目されているのが、余剰・深夜電力の蓄電になります。

ただし、まだ2019年問題である固定価格買取制度が終了しているわけではありませんので、それまでの活用方法としては、深夜の安い電気を蓄電地に貯めておき、朝や夕方以降の割高な時間帯に貯めておいた電気を使いことができます。

太陽光発電は、今まで通り余剰売電になります。

そして2019年から続々と固定価格買取制度が終了してきますので、そうなれば余剰電力を蓄電地に貯めて自家消費する方々が増えてきます。

実際に、蓄電池の導入を決断された方の【必要性】に関しての理由をいくつか紹介していきます。

【上記の枠内のコメント】

・一番の理由は10年後の買取り値段がグッと下がることを知り、それなら自分で使った方が良いと思い導入しました。又、これから電気代が上がっていく事も理解し、この先自給自足になっていく事を考えたら必要だと思いました。

 

【上記の枠内のコメント】

・災害や停電時のもしもの備えとして安心できると思った。導入コストはかかるが、長い目で見て、せっかく太陽光発電をしているので合わせることにより、日中の電気代を下げられ、結果、節約につなげることが出来ると分かったので。

 

【上記の枠内のコメント】

・これから電気代がどんどん上がると聞いて、発電した電気を全て自家消費した方がお得だと考えました。

 

■蓄電池の導入タイミングについて

・蓄電池利用者による口コミ評判【タイミング編】

蓄電池の導入に対して、不安材料の一つに上がってくるのがタイミングになってくるでしょう。

冒頭でもお話した通り、例えば金額面で言えば平成26年度までは国から補助金があり実質金額は今より安かったです。

蓄電池の効果も早くから得ることもできます。

今後、蓄電池の原材料の高騰化も進むとも言われたりもしています。

 

次は、蓄電池の導入を決断された方の【タイミング】に関しての理由をいくつか紹介していきます。

【上記の枠内のコメント】

・安くなるのを待つつもりでいたが、電気自動車などにも同じ原材料が使用されている為、安くなるとは考え難いと聞いた。2020年には消費税も上がるので、今のうちにと思い決めた。

 

【上記の枠内のコメント】

・子供の教育費等が数年後にかかってきます。来年には消費税も上がるので、今しかないと思いました。

 

【上記の枠内のコメント】

・太陽光を設置したのは13年前なので、パワコンの保証も切れている中で、蓄電池を設置すればパワコンが新しくなり、パワコンにも保証が付くと言われ決断しました。

 

■メーカー別の口コミ

・蓄電池利用者による口コミ評判【メーカーの選択編】

現在の主流メーカーとしては下記の5メーカーになってきておりまして、メーカー選びも大事なポイントです。

今の現状の太陽光メーカーは?売電量はいくらある?電気代はいくらかかってる?屋内設置?屋外設置?停電時のときは?などなど。

しっかりとご家庭にあったメーカーを選びましょう。

 

蓄電池の導入を決断された方の【メーカーの選択】に関しての理由をいくつか紹介していきます。

【上記の枠内のコメント】

・太陽光の容量も大きく、売電量も多いので、容量の大きいスマートスターの9.8kWhが大家族の我が家には最適だと思いました。

 

【上記の枠内のコメント】

現在、太陽光発電のメーカーがシャープなので、取付工事や今後の使い勝手を考えると、蓄電池もシャープ以外は考えられなかった。

 

【上記の枠内のコメント】

・いろんなメーカーを見ましたが、室内におけることと容量があっていることと、見ためもスタイリッシュなので、屋外にはおきたくなかった!!

 

家庭用蓄電池の事なら ひだかや株式会社にお任せ!

 

■デメリット①:初期費用が高い

現状、蓄電池の大きなネックは設置コストが高いということです。

機種によっても異なりますが、一般家庭で導入される容量は4~12kWh程度の蓄電池の場合であれば、150万から300万の費用になることが多いです。

 

蓄電池の導入による経済効果は太陽光発電の設置状況やライフスタイルによりますが、現状の導入コストでは蓄電池を導入した方が経済的にお得とは言えないのが正直なところです。

 

■デメリット②:蓄電池は徐々に劣化する

メーカーカタログ等に記載されている寿命やサイクル数はあくまで目安であるため、使用環境や使い方によっては劣化が早まる可能性があります。

リチウムイオン電池は、過充電や過放電を繰り返したり、極端に高温での環境で使用すれば劣化が早まるとも言われています。

そのため、蓄電池の寿命について確認する際は、蓄電池のご利用環境や使用頻度も考慮に入れることをお勧めします。

 

■デメリット3 設置スペースが必要になる

蓄電池は屋外・屋内のどちらかに設置しますので、場所の確保が必要になります。

家庭用蓄電池の目安のサイズは、幅:約80cm、奥行:約40cm、高さ:約100cmが必要になります。また設置場所は高温や低温になりすぎず、結露しない場所が望まれます。

長く良い状態をキープするには、設置場所の事前調査もしっかり行うことをお勧めいたします。

 

■こんな訪問販売は危ない?チェックリスト

これは当社の独自調査で、家庭用蓄電池の設置において、チェックがついた項目です。

1つでもチェックが付いたら要注意!

①提案が一方的

②保証の範囲と年数の説明がない

③メーカーの比較をしてくれない

④工事の説明がない

⑤補助金に関する説明が正確ではない

■訪問販売の問題事例(太陽光導入時)

家庭用蓄電池の需要が増えてきている中、悪質な業者も増加してくるでしょう。

一息おいて考えてみて下さい。家庭用蓄電池を検討されている方は、ほとんどの方が太陽光発電を設置されていると思います。太陽光の設置業者はどうですか?良い対応してくれていますか?

太陽光発電を設置した際に、当てはまることがないかチェックしてみて下さい。

①モニター設置と言われ大幅な値引き

②提案が一方的で強引な契約

③補助金の申請をしてくれなかった

④設置後アフターフォローがない

⑤10年で元が取れる計算になっていない

 

■蓄電池もクーリング・オフができる?

クーリング・オフは、消費者を守るもので、強引な契約や不意打ち的な契約をしたり、マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約した場合に当日含め8日間以内であれば無条件で解約をすることができる制度です。

 

■まとめ

家庭用蓄電池を検討する際に重要なのが商品選び、業者選び、そしてタイミングだと思います。上記の項目をしっかりと説明してくれる業者・営業マンであればしっかりと信用ができると思います。営業マンは契約が欲しい為に良い事ばかり言う人も少なからずいるとは思いますが、しっかりとデメリットの説明もお客様にお伝えする必要はあります。

ぜひ、これから家庭用蓄電池を検討する際には把握しておきましょう。

 

■蓄電池+αで知っとこ!

【蓄電池の本当の目的】

・蓄電池は、現下の厳しい電力需給状況下での需給両面での負荷平準化やスマート・グリッド社会などの分散電源の促進にとって核となる重要技術であり、個々の用途を見ても、電力系統用、自動車用、防災用、家庭用を初めとして大きな市場拡大が想定される分野なのです。

 

【蓄電池が目指す社会像】

東日本大震災を受け、エネルギー政策の方向性として、クリーンエネルギーへの重点シフトが打ち出されました。すなわち、原発依存度を低減し、化石燃料依存度を下げるべく、省エネルギーを進めるとともに、再生可能エネルギーや蓄電システム等にエネルギー構造の重点を大きくシフトしていく。

その際、エネルギー需給においても、需要家自ら重要な役割を担うこととなる。すなわち、国民一人一人がエネルギーの需要家であると同時に、エネルギーの生産者として再生可能エネルギーや蓄電システムを駆使することで、従来の「集権型エネルギー」から「分散型エネルギーシステム」に転換していくことが目指す社会像になります。

 

【蓄電池が目指す社会像としての具体策】

①エネルギーの供給面において、非常時でも安心な社会を作るため、住宅やビルについては、建設段階から蓄電池が備わった社会。

②特に病院等の施設を建設する際には、太陽光や風力などの再生可能エネルギーなどと組み合わせて、蓄電池の設置を原則とすることになり、蓄電池を社会インフラととらえ、蓄電池や次世代自動車(電気自動車、プラグインハイブリッド車、燃料電池自動車)間の電力融通等も活用しつつ、非常時に中央から給電が停止した場合でも、一定期間、一定の地域で自立的に電力供給を可能とする社会。

③このような蓄電池を中心とした社会インフラを活用することにより、電力の需要サイドが自立性を高め、ピーク対策や再生可能エネルギーシステムが現実する社会。

④産業界がこうした蓄電池を活用してネガワット取引等を担う新たなビジネスモデルを自立的に普及させるとともに、蓄電池を活用した効率的な電力需給システムを、電力需要が急増する諸外国に展開し、もって外需を獲得していく社会。

 

家庭用蓄電池の事なら ひだかや株式会社にお任せ!